*

自分の「看板」で勝負しろ!

20131119-174700.jpg

 

最近の調査によると、美容室の開業が廃業を上回り、全国的にに美容室の独立開業が微増しているそうだ。

全国に20万件以上ある美容室だけど、それがここ何年か減少傾向にあったのがプラスに転じたという。

だから何なんだ?って事だけど…

傾向的に小規模、個人の出店が増えているらしく、要するにいよいよホントに個人がサバイバルしていく時代になってきたと僕は捉えている。

しかし、一方ではその「独立」「出店」がサバイバルの始まりでは無いと考えていて、お店や会社に雇われているスタッフやスタイリストであっても、既にサバイバルの時代だ。

いや、今がそうなのではなく、元々プロフェッショナルの仕事というのは、そういう世界なのかもしれない。

僕も福岡という地方都市に居るわけだが、どこそこの「有名店出身」とか、「テレビに出た」とか「外部講師やってます」とか…

しばしば、そういった「唄い文句」でブランディングやプロモーションをやっているお店を見かける事がある。

でもね…

あのね…

「知らないから!」「カンケーないから!」って思う。

それに吊られるお客様もそうかもだけど、それで吊ろうとしているお店やスタイリストにチョット疑問符だ。

もちろん、ネタとしてはアリだし間違えでも嘘でも無いのだろうけど…

あの…

「そんなお店(スタイリスト)腐る程いっぱいいるから!」

って事。

わざわざその他大勢のやり方ややり口を真似して、わざわざその他大勢の選択肢の一部になる…

それってどうなの?って僕は考える。

少し脱線してしまったけど、つまりお店のスタッフの一員であろうが、独立してお店を持とうが、どちらの状況であれサバイバルは免れないという事。

有名店でも売れないスタイリストは居る。
郊外のど田舎でもカリスマは居る。

有名店だから、規模がデカいから、都会だろうが田舎だろうが…

カンケーない。

売れている人は、例外なく「自分の看板」を持っている。

お店の名前ではなく、その人の名前で勝負している。

よく「お客様は店でなく人に付く」と言われるけど、それを究極に突き詰めている人は意外と少ないと思う。

それは何故かというと、独立や移籍をした時にお客様が付いて来ない現状があるからだ。

その時点で最初の集客につまずくケースも多い。

正直、「当てが外れる」ケースがほとんど。

独立する際、元の店の顧客をどれ位引き込めるかというのは、色々な制約や状況もあるので一概には言えないけれど、良くて3割だと言われている。

しかし、僕は最初の独立時に7割の顧客が移動してご来店してくださった。

しかも都心部から離れ、縁もゆかりも無い郊外に出店したにも関わらず…だ。

その際、色々と制限もあったのでDMやチラシなどは一切顧客には知らせていない。っていうかそんなのさせてくれるはずもなかった。

今やっている3回目の独立した店では、出店する予定さえなかった。

ホントに個人の連絡先を教えていた常連客にだけ「辞める」連絡だけをしていた。

フタを開けたら、辞めた瞬間に電話とメールのラッシュだった。
後にも先にも、自分の携帯電話があれ程稼働した時期はないかも。

お客様に後押しされるカタチで8坪のボロいビルでひっそり営業を始めたのが最初だったが、始めに50人にも満たないリストが、半年で5倍以上になった。

そんな幾つかの経験から、お客様は店ではなく人に付く…を自分なりに理解した。

お店の名前なんて、ほぼ覚えていない。

どんなに有名だとか関係ない。

あるのは、お客様と自分の一対一の関係性だけだ。

僕も例外ではない。
これから僕自身もサバイバルが続く。

負けるつもりもなければ、何処であろうと、どんな環境であろうと美容師として生き残る自信がある。

だって自分の看板で、自分の看板だけで勝負しているから。

個の時代、サバイバル、お客様との一対一の関係性について、以前音声を配信していたので、もう一度聴いてみて欲しい。

ココではまだオブラートに包んでいるけど、その詳しい中身やノウハウなども今後ぶっちゃけ公開する予定なので、お楽しみに。

個の力を高めよ!

失敗をオススメするこれだけの理由

あなただけの美容師スタイルとは?前編

あなただけの美容師スタイルとは?後編

20131119-174700.jpg

ad

おすすめの商品

越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ

そろそろ、2013年も終わりに近づき… 年末ムードの中、皆さんも慌ただしく忙しい日々を送っている事

レビューを読む

関連記事

181466448_a6197e06f5

ブランディングだっていいじゃないか!にんげんだもの

こんにちは、岩隈です。   昨日は紹介や口コミで大切なことは、ブランデ

記事を読む

4964706072_762d68d96a

今ほど一瞬の出会いが必要とされている時代はない

こんにちは、楠元です。   昨日は、私が岩隈さんの美容室に初めて行った

記事を読む

20140125-215431.jpg

アウェーに行くしかない

どうも。 岩隈です。 今年に入ってこの2329projectとしても、様々なネタや情報、または人

記事を読む

2329_tittle_100x100

美容師なんて辞めてしまえ

プロローグ   はじめまして、吉岡竜介と申します。 「美容師なんて辞めて

記事を読む

20131214-200039.jpg

出会えばいいのだ!

そろそろ、2013年も終わりに近づき… 年末ムードの中、皆さんも慌ただしく忙しい日々を送っている事

記事を読む

La chica de la bici

千載一遇のチャンス!今こそWEBで立ち上がれ!

こんにちは、岩隈です。 今日はインターネットのお話です。   自

記事を読む

あなただけの美容師スタイルとは?

あなただけの美容師スタイルとは?

こんにちは、吉岡です。   前回あたりから、いよいよ具体的な話になってきました

記事を読む

ad

Message

ad

写真 (1)
すぐに使えるサロンワークネタ Vol.3

初対面の第一印象について   こんにちは、吉岡です。

写真
すぐに使えるサロンワークネタ Vol.2

ポイントさえおさえれば、誰でもできる こんにちは、吉岡です。

10463069_1496242430587738_7989640742790471597_n
すぐに使えるサロンワークネタ Vol.1

遠い未来よりも、近い現在 こんにちは、吉岡です。 先日、岩隈さんの

20140418-114915.jpg
越境せよ!

昨日開催した、越境会福岡支部としての初のイベント ”石田和靖の「越境

photo1
石田和靖氏と出会うために

石田和靖の「越境せよ!」 THE LIVE in FUKUOKA

→もっと見る

  • follow us in feedly



    Tips Tricks And Tutorials

  • 2022年12月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  



PAGE TOP ↑